紀の川市の歯科・歯医者「きのかわ歯科クリニック」の子供の矯正(小児矯正)についてのページ。

  • 各種保険取り扱い
  • 駐車場完備

WEB
予約

0736-67-8241 診療時間)) 9:00-13:00 14:30-18:00
休診日))木・日・祝

  • 各種保険取り扱い
  • 駐車場完備

子供の矯正(小児矯正)について

小児矯正とは歳頃から12歳までに行なう歯の矯正のことで第一期治療とも呼ばれ、この時期に歯の並びを治すことは多くのメリットがあります。
この年齢は乳歯から永久歯に生え変わる時期で、成長発育をしている段階は顎のバランスを整えやすいうえ、歯の生えるスペースをキープしやすいのが特徴です。歯並びが悪くなるのは、おもに歯の生えるスペースが少ないことが原因で起こります。

また、歯並びの問題は指しゃぶりや口呼吸などのクセを持っていることでもなりやすく、早期の矯正はこれらのクセを直すことにも繋がります。
第一期矯正治療の時期は、歯列やあごが狭い場合に大人と比べて低いリスクで歯列を広げることが可能です。今後永久歯が生えてくるスペースをキープするように矯正を行なっていきます。子供は適応能力も高いため、治療後の歯や歯茎、筋肉が早く馴染んでいくのもメリットです。第一期に矯正を行なうことは正しい顎の成長を促すことでもあり、将来的に歯を抜かなければならない確率を下げることにも貢献します。

ちなみに第一期矯正治療に引き続いて永久歯の生え揃った12~13歳以降に行なう矯正を第二期治療と呼びます。第二期矯正治療は、内容としては成人に行う本格矯正とほぼ同じ内容となります。第一期矯正治療で成長の誘導を行っても解決できない問題が残る場合は、第二期治療での改善が必要となります。

大人の治療でも歯や歯周組織が健康であれば年齢を問わず治療は可能ですが、年数が重なっているほど歯に蓄積されている問題は多く、その問題を取り除いて歯の健康を整えてから矯正治療を行なうため治療期間が通常よりも長引いてしまいます。子供の時に発覚した歯の問題は、子供の時に解決しておくことで、成人してから歯を失うリスクを減らせるのです。

きのかわ歯科クリニックではプレオルソ(こども歯ならび矯正法)を取り入れています。

プレオルソ(こども歯ならび矯正法)とは、小児向けの予防矯正で上下一体のマウスピース装置のことです。
全ての歯が永久歯に生え変わる前に始めることで、口周りの筋肉と舌を鍛え健康的な歯並びと口元を目指します。
よく目にする針金を使用した本格矯正の前に試すことで、治療期間の短縮や費用を抑えられたり、歯を抜かなくても良いといった様々なメリットがあります。
将来的に本格矯正を希望される場合でも、後戻りを防ぐ可能性が高くなります。
また、口呼吸から鼻呼吸へ促す効果も期待できます。
装着時間は家に居る間の1時間と寝ている間で十分なのでお子様の負担も少ないです。プレオルソ本体

カテゴリー

人気記事(閲覧数)

インビザラインGo (マウスピース矯正)症例 3,622

2023.02.15
インビザラインGo (マウスピース矯正)症例

インビザラインGoで治療した症例 1,451

2022.09.10
インビザラインGoで治療した症例

インビザラインGO (マウスピース矯正) 1,379

2022.01.19
インビザラインGO (マウスピース矯正)

月別アーカイブ

ご予約・お問い合わせ
0736-67-8241

24時間WEB診療予約